朝の顔のむくみやほうれい線がなかなか取れない方必見!老け顔対処法!

朝顔がむくんでいるし、ほうれい線がくっきりでメイクが映えない、というお悩みを抱える方は多いのではないでしょうか?

むくみやほうれい線は、老けた印象を与えてしまう原因に・・・。

今回は、朝の時間で簡単にできる、むくみとほうれい線対策の方法を探ってみたいと思います。

朝の簡単フェイスマッサージ

まずは首から始めましょう!

むくみは滞っている水分を流すことで解消できるので、マッサージや軽い運動が効果的です。

顔の余分な水分を下に流れやすくするために、まずは顔ではなく首をほぐします。

  1. 首を右に3回、左に3回程度大きく回しましょう。
  2. 鎖骨の上にあるくぼみに指を4本入れて、左右それぞれ20回ほどグイグイ押します。

そんなに力を入れなくても大丈夫ですが、凝りやすい部分なので気持いいと感じる程度にほぐすようにするのがポイント!

続いて顔をほぐしてみましょう!

水分が流れやすい状態を作ってから、次は顔をほぐしていきます。

  1. あごから耳の上にかけて引っ張りあげます。
  2. 余分な水分を押し流すようなイメージでマッサージしてください。

ただし、あまり強い力でやると肌にダメージを与えてしまうので、あくまで優しく!

クリームやオイルですべりを良くして行いましょう。

あごから耳の上にかけて何度かマッサージをしたら、次は耳の後ろ側から首筋にかけて水分を下げるようなイメージで鎖骨の方へ流していきます。

これらをたった1分するだけでもかなりむくみが解消されますので、朝メイクの前に少しやってみましょう!

ほうれい線消しツボ押し

ほうれい線も、朝のちょっとした時間で行う習慣で対策することができます。

  1. 口角の外側にあるツボを押します。
  2. 心地いいくらいの力加減で、ゆっくりと押しましょう。
  3. 左右同時に5秒間押し、ゆっくりと離すを5回繰り返します。
  4. 耳の付け根から鎖骨にそい凹んだところ、口を開け骨が持ち上がる部分を押します。

人指の腹をツボに当て、皮膚を上に押し上げるように優しくマッサージします。

20秒~30秒行い、最後に鼻の両脇、小鼻の外側と黒目からまっすぐ下に下ろした線が交わうところにあるツボを押します。

人差し指のはらを使い、指を垂直に軽く押すし、左右同時に5秒間押し、ゆっくりと離すを5回繰り返します。

ツボ押しは、優しくゆっくり行うことが重要!爪を立てたり、肌が赤くなるまで押すのはやめましょう。

まとめ

5分もあれば十分にできるマッサージとツボ押しですので、是非日々の習慣に取り入れてみてください。

毎日行うことでむくみとほうれい線の予防にもなりますよ~♪

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ