痩せるとほうれい線が消えるというのは本当?嘘?美肌を目指す方法はコレ!

痩せたら脂肪が減ってほうれい線が目立たなくなったという人もいれば、逆にほうれい線がわかりやすくなってしまったという人もいます。

さて一体どっちが正しいのでしょうか?

今回は、ほうれい線と顔のダイエットの間にはどのような関係があるのかについて調べました!

痩せてほうれい線が消えるの?

ほうれい線はどうやってできるのでしょうか?

頬についていた脂肪が下にたるむことで、ほうれい線はできるとされています。

痩せるとたるみのもとになる頬の脂肪が落ちるので、ほうれい線が消えていたという人もいます。

痩せてほうれい線が目立つの?

痩せたことでほうれい線が消える人に対して、逆にほうれい線が目立ってしまうケースもあります。

脂肪がついていると肌は常に張った状態だったのでほうれい線がなかったのですが、痩せてハリがなくなることでほうれい線ができてしまうのです。

太ると脂肪が増えるので、皮膚は伸びます。

そこから痩せると、太っていた時に張っていた皮膚が縮むので肌がたるんでほうれい線が目立つといいます

痩せるとほうれい線が気になったという人は、皮膚が縮んだ状態を指すのですが、ではどちらが正しいのでしょうか?

痩せた直後のほうれい線は目立つ?消えていく?

痩せることで、ほうれい線が消えたor目立つという意見の違いは、時間軸の違いです。

痩せると確かに皮膚が縮むので、ほうれい線は目立ちます。

ですが、皮膚はターンオーバーを繰り返して「今」の自分にあった肌を作っています。

その為時間が経つと、伸びていた皮膚は痩せた脂肪量にぴったりの皮膚に生まれ変わります。

肌が生まれ変わる為には、肌のターンオーバーが適切に行われるように食事や表情筋のエクササイズなどにも気をつけなければなりません。

もっと痩せたいからと言って急激なダイエットを繰り返しているようですと、肌に栄養が行き渡らずにハリのないシワやほうれい線の出来やすい肌になってしまいます。

痩せたことで、ほうれい線が消えたという人はおそらく痩せた後の肌ケアをしっかり行ったという事のようですね!

まとめ

きちんとしたケアをするという条件つきですが、痩せることでほうれい線は消えるということが分かりました。

痩せるとほうれい線ができるから嫌だと思っていた人は、ダイエットをしても大丈夫ですので安心してください。

できればダイエットをしている時もお肌に優しいダイエットを心がけることで、ほうれい線を消すことができるので、不健康なダイエットはやめるようにしましょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ