アイラインがまつ毛の生え際から見えないとお困りの方必見!目デカアイメイクって?

アイラインはまつ毛の生え際に引くのが普通です。しかし、まぶたが腫れぼったい一重まぶたの人は、まつ毛の生え際にアイラインを引いてもまぶたで隠れて全然見えない!と困った経験はありませんか?

今回はそんな方におすすめのアイラインの引き方をご紹介します。

一重まぶただとアイラインが引けない?

アイラインは、引くだけで目の印象を大きく変えてくれる優れもの!

雑誌でもアイラインの引き方が多く紹介されており、真似して引いてみた方も多いのではないでしょうか?

アイラインは、まつ毛の隙間を埋めるように生え際に引くと書かれているのが基本です。

ですが、雑誌と同じように引いてみてもしっくりこない・・・という一重まぶたの人も多いよう!

なぜなら、雑誌に出ているモデルさんはぱっちり二重でまつ毛の生え際が見えていますが、まぶたに厚みのある一重まぶたの人はまつ毛の生え際が見えないので、同じやり方をしても仕上がりに差があるということに・・・。

まつ毛の生え際が見えない方には似合うアイラインの引き方があるので、それをマスターしてみましょう!

まつ毛の生え際が見えない人にオススメなアイラインの引き方!

まぶたでまつ毛の生え際が隠れて、アイラインが見えないからと言ってやってしまいがちなのは、アイラインを太く引いてしまうということ!

太く引く事でナチュラルな仕上がりにはなりませんし、目が黒で囲まれてキツイ印象をもたれてしまいます。

そこで、上手な引き方のポイントは「幅」を出すのではなく「長さ」を出すということです。

まぶたが厚い方は、アイラインを長めに引くとより効果的に!

では目尻部分の引き方は?

目尻を下げて引けば垂れ目で優しい印象に、反対に跳ね上げると小悪魔のような可愛らしさを演出できます。

目尻を長めに引くことで、目を大きく見せる効果もあるのでおすすめですね!

目頭部分の引き方は?

目頭部分は、輪郭を作るようなイメージで引きます。

目と目の幅が開いている人は、蒙古襞の部分に「くの字」にアイラインを引いて幅を狭くすると目が大きく見えます。

左右の目が中央に寄りぎみな人は、目頭に引くとさらに目が寄ってしまうので、目頭ではなく目尻部分にラインを長めに引くとバランスがとれるのでオススメです。

オススメのアイラインは何タイプ?

アイラインはにじまないものを選びましょう!

ペンシルタイプより、リキッドタイプの方がはっきり描くことができます。

ペンの細さは、最初は細めのものの方が濃くならずに描けるのでおすすめ!

ウォータープルーフのリキッドライナーは市販で何種類も売っているので、いくつか試してみて自分の使いやすいものを探してみてはいかがでしょうか?

まとめ

まつげの生え際が見えない一重まぶたの人におすすめのアイラインの引き方のポイントは、「長さ」です。

今まで見えないからと言って太めのラインを引いていた人は、目頭・目尻の長さに気をつけてラインを引いてみてください。

一回でうまく引けなくても、何回か練習しているうちに自分に合うアイラインがわかってくると思うので、今日から練習してアイラインのメイクを楽しんでみてくださいね♪

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ