まぶたの脂肪を燃焼するにはオロナイン?効果の秘密を徹底検証!

皆さんの家庭には「オロナイン軟膏」はありますか?

家族で一つ持っているという家庭は多いのではないかと思います。

そんなオロナインで、実は下まぶたに涙袋を作り、目をパッチリ魅力的にできるなんて、少し信じられないことが噂になっています。

本当にそうなのでしょうか?!その真偽を今回探ってみたいと思います。

オロナイン軟膏の成分は?

クロルヘキシジングルコン酸塩液、ラウロマクロゴール 硫酸Al/K /マクロゴール /グリセリン オリブ油 /ステアリルアルコール /サラシミツロウ /ワセリン / 自己乳化型ステアリン酸グリセリル /香料 /精製水

主な効能は?

ひび・あかぎれ・しもやけ、きりきず・すりきず、にきび、かるいやけど、水虫

オロナインの涙袋パッチリ目元効果は本当?嘘?

オロナインは、下まぶたの涙袋の下側に塗ると、涙袋ができるという噂があります。

オロナインの発汗作用によって脂肪が燃焼されることによって起きると言われていますが、これは軽い皮膚トラブルが発生している証・・・。

決して脂肪を燃焼しているのではなく、腫れてぷっくりするのではないかと考えられているのです。

よって安全とは言えない事に!

「オロナイン皮膚炎」という病名があるほど、弱い部分の皮膚にとっては強い薬です。

さらに、目にオロナインが入ると充血、角膜炎の原因になる恐れがありますので、目には入らないようにしましょう。

安全な涙袋の作り方って?

では、涙袋の安全な方法での作り方を簡単に紹介したいと思います。

マッサージで涙袋

①マッサージクリーム、またはワセリンや乳液を準備します。両手にピースサインを作り中指は目頭に、人差し指は目尻に置いて、力は少し加えて肌が張った状態にします。

② その状態で目を細めながら下まぶたを引き上げ、目線は上を見ます。下まぶたと二本指で押さえた部分がプルプルすれば正しいです。これを10回繰り返しましょう。

③ 最後に下まぶたを引き上げて目を強く閉じたまま40秒キープします。

④ その後はゆっくり目を閉じたままじっとしてクールダウン。

⑤ クリーム等は優しく洗い流します。

このマッサージで涙袋ができやすくなります。

メイクで涙袋作り

メイクで涙袋を強調させる方法を紹介します。

① まず白いアイシャドーを下まぶたに乗せます。

② 次に暗めブラウンのアイブロウペンシルを、その下に描いて影を作ります。

③ 最後に綿棒で自然な感じにぼかして完成です。

涙袋は欲しいけど、手軽にやりたい!という方におススメです!

いかがでしたか?

オロナインが脂肪の燃焼を助け、下まぶたに涙袋を作るという噂は、危険が伴う行為だと言えます。

目の周りの皮膚は大変敏感ですので、是非ご注意下さい!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ