ビタブリッドCフェイスにニベア青缶をチョイ足し?24時間パックの効果が凄い!

今話題の、ニベア青缶にチョイ足しする「自分専用のクリーム」を作ることが流行っているのをご存知でしょうか?

メイクのプロも愛用中で、ニベアの青缶はたくさん入っているのにお値段も500円程で、コスパが良すぎるクリームとしても有名で、昔からなじみがありますよね?

ニベア青缶 効果

ネットでは保湿クリームはもちろんの事、ヘアケアやお顔のパックに使用したり、まつげ美容液として使用したら「まつげが伸びた~!!」なんて声もある程、全身ケアに使用可能なのです。

さらには、これから訪れる花粉症や鼻風邪の時まで役立っちゃうとの事!

鼻のかみ過ぎで鼻の下がヒリヒリしたら、ニベアを塗っておくだけで痛みが治まっちゃうほど万能なクリームなんです。

そこで最近、大流行中のニベア缶にチョイ足しすると効果抜群になると噂の組み合わせをご紹介!

皆さん、GENKINGさんや平子理沙さんが愛用している『ビタブリットCフェイス』をご存知でしょうか?

実はこの組合わせはすでにに愛用者続出中で、インスタでも多くの投稿を発見!!


美容大国韓国で95万本売れていて、純粋なビタミンCを1日中補給できる美容パウダーなんです。

このビタブリットCフェイスと、ニベアの青缶の相性が良いと混ぜて使う人が増えているそうですよ♪

その効果の秘密を今回は探ってみたいと思います!

引用元:http://www.bloomberg.com/

■ビタブリッドcフェイス公式サイト■

芸能人も愛用!ビタブリットCフェイスの効果の秘密はコレでした!

ゲンキング引用元:https://www.instagram.com/_genking_/

芸能人のGENKINGさんや平子理沙さん、鈴木亜美さんも愛用中の『ビタブリットCフェイス』!

お肌の潤いには、必要不可欠な純粋なビタミンCを直に吸収できるので、効果を期待出来ると話題の美容パウダーです。

どうしてパウダータイプなの?

ビタブリッドCフェイス 特徴

ビタミンC と聞くと、サラッとした液状のタイプで販売されている事が多く、パウダータイプは珍しいですよね!

実はそこがポイント♪

ビタミンCは酸化しやすく、すぐに傷んでしまうので純粋なビタミンCを摂取する事は難しい…。

そこで、『ビタブリットCフェイス』はパウダー状に仕上げ、使う前に水や化粧水で溶かす事で、新鮮なビタミンCを摂取出来るから実感力が違うんです。

確かに美容のプロが愛用しているのが納得ですよね!

しかもニベア青缶にはあの海外の高級クリームと同じ成分が入っているから、ビタブリットCフェイスとも相性が良いと混ぜて愛用者が続出中なんです。

そのクリームとは?気になりますね~♪

■ビタブリッドcフェイス公式サイト■

ニベア青缶はあの海外セレブ愛用のクリームと同じ成分?

ニベア青缶は、あの海外セレブやモデルが愛用している「ドゥ・ラ・メール」と成分がほぼ一緒であるという噂から、効果も一緒であろうと再ブーム到来したのです!

「ドゥ・ラ・メール」の効果とは、お肌の引き締め効果、ハリアップ効果、毛穴の黒ずみ開き解消などが期待出来るよう!

さらに高級とだけあって、60mlで3万円以上!となかなか手が出せないお値段なのです。

インスタでも「ドゥ・ラ・メール」と「ニベア青缶」についての投稿を発見!

このように、ドゥ・ラ・メールとほぼ同じ成分が配合されていると言われているニベア青缶と、新鮮なビタミンCを摂る事が出来るビタブリットCフェイスをミックスさせる事で、全身にしっかりビタミンCを届けつつ美肌ケアが出来ちゃう夢のようなスキンケアが出来るのですね♪

このビタブリットCフェイスにニベア青缶をチョイ足しするのが流行っているのは、歌手の鈴木亜美さんが、「ボディークリームとビタブリットCフェイスを混ぜて全身用として使用している」と、ブログに書いてあったのも火付け役みたい!

ビタブリットCフェイスの口コミはコチラから♪
>>『ビタブリッドCフェイス』の口コミで効果や使い方を見てみましょう♪

あなたも自分用のクリームを作りませんか?

ビタブリッドCフェイス ドゥ・ラ・メール

ビタブリッドCフェイスとニベア青缶のコラボレーションは、効果大のクリームでしたね♪

実は今だけ限定で、ビタブリッドcフェイスを公式サイトで購入すると、初回お試しキャンペーンで4,960円⇒初回限定1,500円で購入出来ちゃうので始めるなら今がチャンスです♪

こんなにコスパが良いのに、効果が実感出来ちゃったら最高ですね!

今なら激安でスタート出来ちゃうので、是非この機会に自分用クリームを作ってみてはいかがでしょうか?

■ビタブリッドcフェイス公式サイト■

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ